Follow us on
他の島々

ポリネシア祖先の足跡を辿れる島、ウアポウ

伝説によれば、マルケサス諸島の島々は、それぞれが“神の屋敷”のどこか一部を表しています。ウアポウが象徴しているのは、そのうちの門柱です。伝説の戦士、ポウテタウヌイとポウマカの名を持つ巨大な玄武岩の柱が空に向かって伸びています。この光景に感銘を受けたスコットランドの詩人ロバート・ルイス・スティーブンソンは、この柱を「教会の鐘楼のような火山の矢」と呼びました。2本の柱は今も誇らしげにハカハウ村の入り江を見下ろしています。

見どころ

  • ハカハウ: 村とその石造りの教会、ビーチ、ホワイトクロスから眺めるアナホーの入り江とビーチの息をのむような景色
  • ハカモウI世首長の谷: 考古学的遺跡群(宗教遺跡やティキ像など)、ビーチ、手つかずの緑生い茂る中に広がる神秘的な雰囲気
  • ホーホイ: 荒涼とした景色、人けのないビーチ
  • ハカヘタウ: のどかで色彩豊かな村、白砂のハカナイ・ビーチ
  • 島の手工芸品

 

島のお役立ち情報

位置:パペーテの北東1,300 km

面積:105 km²

最高峰:オアヴェ山 (1,232 m)

人口:2,300人

アクセス:空路で週6便

 

トリップアドバイザー「ウアポウ等島の旅行ガイド」のページ

 

海から見るウアポウ島

ウアポウ島の人懐こい子供たち

有名なウアポウ島のハカハウ湾

ウアポウ島の神秘的な滝

ウアポウ島の堂々たる威容

インスピレーションをかきたてるウアポウ島の美しい景観

ウアポウ島に残る宗教遺産

close