Follow us on
他の島々

秘宝のような小島、リマタラ

オーストラル諸島の中で最も小さいリマタラは、秘宝のような美しい小島です。この円形の島に入ると、まるで時が止まっているかのよう。島の周囲には小さなラグーンがあり、絶滅の危機に瀕したインコ、リマタラロリキート(ヴィニ・ウラ)も見られます。この鳥のカラフルな羽毛が、リマタラの空をさらに明るく彩っています。島へのアクセスは長年船のみでしたが、近年パペーテから空路で向かえるようになりました。リマタラ島への旅には、辺境の島ならではの味わいがあります。

島の主な収入源は、農業の他に、カゴ作りや、手工芸品の作製に使うトゲナシタコノキ(パンダナス)の葉の採取と加工です。

見どころ

ロケット型の窓が個性的なミュチュアウラ教会(1857年建築)

海岸線が800~1000m続くミュチュアウラ湾。ここには、かつてリマタラを治めていた酋長の末裔が所有する小島があります。

ラレアポ・モトゥ(小島)のそばの“処女の入り江”。兄妹の秘めたる愛の物語が伝えられている場所です。

島のお役立ち情報

位置:タヒチ島から南へ550㎞

面積:9 km²

最高峰:オロマナ山(83m)

人口:786人

アクセス:エアタヒチの定期便が週3便

貨客船ツハアパエ号が週4便

 

トリップアドバイザー「フランス領ポリネシアの旅行ガイド」のページ

 

close