Follow us on
群島

伝説の地、オーストラル諸島

白い砂と真っ青なラグーンがコントラストを成す伝説の地オーストラル諸島。手つかずの自然に囲まれた未開発の神秘的な島々で、ここだけの体験を満喫できます。

オーストラル諸島はタヒチの首都の南方600kmに位置し、ヨーロッパ人に発見されたのは18世紀に入ってからのことです。7つの島のうち、5島に人が住み、4島には空路でアクセスできます。他地域から隔絶した島々の、自然本来の奥深さとその景観を目の当たりにすれば、ここが他のどことも異なる世界であることがすぐわかるでしょう。

険しい山々から渓谷や高原にいたる絶景には息をのむに違いありません。また、この諸島は農業でも知られています。各島には多くの考古学的遺跡もひっそりと残されており、豊かな文化・宗教的な慣行を持つ、高度に組織化されたコミュニティーが、ヨーロッパ人の進出以前に存在したことを立証しています。

海岸の断崖と洞窟は伝説の宝庫です。そこは古来より埋葬の地でした。今では ザトウクジラウォッチングの要所となっています。クジラは出産のため毎年8~10月にオーストラル諸島に回遊してきます。ここは思い出に残るハイキング や 素晴らしいダイビングなど、海と陸双方の魅力を満喫できる場所なのです。

現地の親しみ易い住民もまた、この島々の魅力です。訪れた人は、絵のように美しい村落で、島民の 手工芸のノウハウにも目を見張ることでしょう。工芸品は島民の主な生計の糧ですが、他に漁業、農業および編み籠造りにも従事しています。先祖伝来の巧みの技である帽子や編み籠などの見事さは、この魅惑の地の思い出の品として求めずには去り難いでしょう。編物技術は世代から世代へと伝承されます。人々の人懐こい笑顔もまた一緒に受け継がれているようです。

オーストラル諸島を訪れれば、仏領ポリネシアを別の角度から発見できるまたとない機会となるでしょう。

トリップアドバイザー「オーストラル諸島の旅行ガイド」のページ

 

close