Follow us on
宿泊施設

国際ホテル

Hotel deluxe in french polynesia
© tim-mckenna.com

国際的ホテルチェーンが提供している宿泊施設にはありとあらゆるタイプがあります。山側でもラグーン沿いでもその環境に溶け込むよう、大変厳しい品質基準に準拠しています。このようなホテルは、最も観光客の多い島々(ソシエテ諸島ツアモツ諸島マルケサス諸島)に続々と建設されており、合わせて約50軒、3,000室を超える客室があります。

こうしたホテルでは、どの建物にもポリネシア風の建築要素が採り入れられています。パンダナスの葉、ヤシの葉の編み物、様々な木材、貝殻の照明器具など、現地の資材が使用されていることが多く、熱帯地域に溶け込んでいます。客室から公共エリアまで、いたるところに花が飾られているのも特徴です。数階建てのものからポリネシア様式のロッジ風ホテルまで様々なタイプがあり、いずれもそれぞれのランクに見合う設備とサービスを備えています。

またどのホテルでも、優雅な資材や建築要素を駆使したインテリア デザインが魅力的です。ペウエ タペストリー(パンダナスの葉を編んだ伝統的な敷物)やツアモツ諸島の貝殻や真珠母貝の象眼細工、ティファイファイの壁掛け(植物モチーフのデザインが特徴のパッチワークキルト)などが、飾られているカラフルな花々と調和しています。

Bungalow piloti in french polynesia
© Grégoire LE BACON

ホテルによっては、宿泊施設の中でも〝究極の憧れ″である水上バンガローを備えているところもあります。色とりどりの魚たちが泳ぐターコイズブルーのラグーンに浮かぶバンガローには、木製の桟橋を渡ってアクセスすることができます。

最高にタヒチらしい宿、水上バンガローは、ロマンティックな滞在と、この地を訪れてこそ目にすることができる光景の象徴です。世界でも屈指の美しいラグーンに張り出した専用テラスでリラックスし、アウトリガーカヌーで運ばれる朝食サービスを待つ…。ハネムーンカップルには忘れがたい体験となるでしょう。床がガラス張りのバンガローでは、そのままで、スズメダイやカクレクマノミ、その他ラグーンに棲む生き物たちが優雅に泳ぐ様子を眺めることができます。

close